HOCON の入門

HOCON (Human-Optimized Config Object Notation) is an easy-to-use configuration format. It is used by Sponge and individual plugins utilizing SpongeAPI to store important data, such as configuration or player data. HOCON files typically use the suffix .conf.

コンポーネント

  • 「キー」とは、値の前に来る文字列です
  • 「値」とは、「キー」の次にある、文字列、数値、オブジェクト、配列及び論理値です
  • 「セパレーター」は、キーと値を分離します。``:``もしくは``=``が使用できます。
  • 「コメント」は、フィードバック、および指示を提供するために使用される。コメントは、」#」または」//」で始まる

例:

yellow-thing: "Sponge"

この例では、「キー」は「yellow-thing」で、 「値」は「Sponge」です。「セパレーター」は「:」です。

HOCONでの作業

HOCONは、JSON(JavaScript Object Notation)フォーマットよりも多くのオプションがあります。有効なHOCONファイルを書き込むための多くの方法があります。有効HOCONの2つの例は以下の通りである:

例#1:

player: {
    name: "Steve",
    level: 30
}

例#2:

player {
    name = "Steve"
    level = 30
}

In practice, it is best to follow the formatting conventions of the HOCON configuration you are editing. When editing a HOCON configuration for Sponge or an individual plugin utilizing SpongeAPI, the values are likely the only thing you will be changing unless otherwise specified.

コンフィギュレーションのデバッグ

HOCON構成が動作しているように表示されない場合は、ここでいくつかのヒントがあります:

  • カーリーブレースはバランスをとらなければならない
  • 引用符は、バランスをとらなければならない
  • 重複したキーは、最後のキーが使用されます。

仕様

HOCON についての詳細な情報は、 こちら で見ることができます。